あしや喜楽苑

ごあいさつ 海に向かって開かれた生活の場

‘97年に開設したあしや喜楽苑は、高齢社会だからこそ高齢者施設が地域の文化の拠点になりたい、との思いを込めて、定礎に「福祉は文化」と刻みました。 1階に設けた地域交流スペースには、地域の方々がいつも訪れ、車椅子ダンスやジャズコンサート、オーケストラの演奏会などでいつも賑わっています。また、併設のギャラリーでは、油絵や水彩画、ビーズ織りなど多彩な作品展を開いています。

事業の種類は法人内で最も多く、特別養護老人ホームやケアハウスに加えて多種多様な在宅・医療福祉サービスを運営しています。事業ごとに家族会があり、行事のお手伝いなど、活動は多岐にわたります。 また、震災復興公営住宅814戸に24時間体制でLSA(ライフサポートアドバイザー)を派遣しています。この事業は、地域のニーズに応えるサービスとして、またこれからの超高齢社会の先駆けとして、期待されている事業です。

これからもあしや喜楽苑は、特別養護老人ホームにおける豊かな暮らしづくりと合わせて、住み慣れた地域で高齢者が安心して暮らし続けるよう、24時間365日のサービス提供に取り組んで参ります。

あしや喜楽苑 施設長

あしや喜楽苑 ギャラリー

事業案内

特別養護老人ホーム

※改修工事に伴い2021年11月まで加古川に移転しております

おおむね65歳以上で身体に不自由がある方、認知症等により、常時の介護が必要で在宅の生活が困難な方の住まいです。

ユニットケア

10名程度をひとつのユニット(生活単位)とし、家庭的な雰囲気の中で暮らしていただけます。ユニットごとに食堂や談話スペースなどを設け、ご入居者一人ひとりの個性や生活スタイルに合わせた個別ケアを行います。

ショートステイ

在宅で介護の必要な方が短期間宿泊いただけます。ご利用者が住み慣れた自宅で自分らしく暮らせるよう、ご家族や近隣とのつながりを大切にし、身体的、精神的な支援をします。在宅での介護の負担を軽くするなど、ご家族の支援にもなっています。要介護認定で要介護1~5までの認定を受けた方がご利用いただけます。

デイサービス

日帰りで、食事・入浴・機能訓練・レクリエーションなどの送迎付きサービスを提供します。アクティビティやリハビリスタッフ等による運動機能の維持・向上を図り、在宅生活を支援します。要介護認定で要支援・要介護認定を受けた方がご利用いただけます。また、デイサービスを利用していただくには、 ケアマネージャーによるケアプランの作成が必要となります。

ケアハウス

おおむね60歳以上で、ひとり暮らしに不安があり、ご家族の援助を受けることが困難な方の住まいです。「一般(自立)型」では、食事などの家事のお手伝いや、緊急時の対応をします。また「介護(特定施設)型」では、介護が必要な状態になっても、これまでの暮らしをできるだけ続けられるよう、暮らし全般のお手伝いのほか、医療的なケアも行います。

小規模多機能型居宅介護

ご利用者ができる限り自立して自宅で暮らせるよう、サービスの組み合わせをお選びいただけます。施設への「通い」を中心に、短期間の「宿泊」や自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と近隣の方々との交流の下で支援を行います。どの組み合わせでも馴染みのスタッフが対応し、その時々にでてくるご要望や困っていることに臨機応変にお応えします。要介護認定を受け、要支援1以上の方がご利用いただけます。

訪問看護・訪問リハビリ

住み慣れたご自宅で安心して療養生活が送れるよう、主治医の指示のもと、看護師や理学療法士などが訪問します。家庭での療養上の相談や看護及び必要な医療上の処置などを行い、ご本人やご家族が安心して暮らせるよう援助します。 介護保険制度において、要介護・要支援状態の方と、医療保険制度において寝たきりまたはそれに近い状態にある方や、高齢者以外の難病、重度障がい者、精神障がい者であって、かかりつけ医が訪問看護を必要と認めた方がご利用いただけます。

居宅介護支援事業

在宅で介護の必要な方が、できる限りご自宅での自立した暮らしを続けられるよう、心身の状態や、暮らしの中で困っていることなど、お話を伺います。お話をもとに、ご利用者が介護保険のサービスを適切に利用できるように、ケアマネージャーが介護サービス計画を作成します。ご利用者の受けたいサービスや、回数などを一緒に相談して決め、介護保険の申請や、介護サービス事業者・関係機関との調整を行います。

ホームヘルプサービス

ご利用者の自宅に訪問し、身体介護、家事援助、通院介助などを行います。ご利用者の心身の状況をふまえ、その方の能力に応じて自立した暮らしができるように、入浴・排泄・食事の介護、その他暮らし全般にわたる援助を行います。要介護認定を受けられた方で要支援・要介護の認定を受けている方がご利用いただけます。

シルバーハウジング生活援助員派遣事業

シルバーハウジングは高齢者の暮らしに配慮してつくられた住まいです。LSA(ライフサポートアドバイザー)が、安否確認など、安全で快適に暮らせるように支援を行います。入居の対象は、日常の暮らしが自立している高齢者(60歳以上)単身世帯、高齢者のみからなる世帯、または高齢者夫婦(夫婦のいずれか一方が60歳以上であれば可)世帯、障がい者単身世帯または障がい者とその配偶者からなる世帯等です。

地域包括支援センター

近隣の高齢者がどのようなサービスを利用してよいかわからない時など、1か所で相談からサービスの利用調整までできる総合相談窓口です。センターには、保健師(または経験のある看護師)、社会福祉士、主任ケアマネージャーが配置されています。地域住民であれば誰でも、心身の状態や住まい、環境の変化などに応じて、介護・医療・福祉・健康など、様々な面から相談していただけます。

訪問看護ステーション「ハーブ」

住み慣れた場所で暮らしたい、を叶えるため 看護師がお宅に訪問し、その方の病気や障がいに応じた 療養上のサポートや医療処置・医療機器の管理、健康状態の観察、リハビリなどを行います。

看護師を中心に、介護職をはじめ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士ら専門家が連携しこれまでの生活が継続できるようサポートします。

またご利用者やご家族の心に寄り添うケアをしています。

カフェ・アートギャラリー

あしや喜楽苑では、誰でも自由に利用できるギャラリーとカフェを運営しております。
芸術家さんの作品や、地域の方々の作品をここに展示しております。

写真ギャラリー

画像をクリックしていただくと写真ギャラリーになります。

交通アクセス

あしや喜楽苑

〒659-0043
兵庫県芦屋市潮見町31-1

TEL:0797-34-9287
FAX:0797-34-9292

電車でお越しの方へ

阪神電鉄「芦屋」駅 東出口から徒歩15分。

バスでお越しの方へ

「阪神芦屋」バス停 71系統バス乗車「あしや喜楽苑前」下車もしくは、12・13・15・16・19系統乗車「シーサイド西口」下車、徒歩2分。
JR神戸線「芦屋」駅北口バス停 71系統バス乗車「あしや喜楽苑前」下車もしくは、12・13・15・16・19系統バス乗車「シーサイド西口」下車、徒歩2分。

お車でお越しの方へ

阪神高速5号湾岸線 都市高西宮浜を出て16分。

特別養護老人ホーム
※改修工事に伴い2021年11月まで加古川に移転しております
tel:0797-34-9287
ショートステイ「ハーブあしや」(短期入所生活介護)
tel:0797-34-9287
デイサービスセンター(訪問介護・障害者自立支援型)
tel:0797-34-9287
訪問看護ステーション「ハーブ」
tel:0797-31-3003
ケアプランセンター
tel:0797-34-9290
ケアハウス「エイールあしや」
tel:0797-34-9287
潮見高齢者生活支援センター(地域包括支援センター)
tel:0797-34-4165
シルバーハウジング生活援助員派遣(LSA)
tel:0797-38-2068
地域交流スペース(喫茶コーナー・ギャラリー)
tel:0797-34-9287
配食サービス
tel:0797-34-9287

きらくえん倶楽部大枡町

〒659-0066
兵庫県芦屋市大桝町1番8号

生活支援グループハウス
tel:0797-35-1155
小規模多機能型居宅介護
tel:0797-35-3652